業務Q&A

経営戦略編

Q 1. 外部環境分析とは
A 会社が経営戦略を作成するに当たり、自社を取り巻く外部環境を分析する必要があります。その外部環境の分析切り口として、経営学者のポーター教授は5つの要因を挙げています。
これにより、魅力的な市場であるかを判断します。
ついつい競争業者だけに目が向きがちですが、新規参入者の脅威、代替製品による市場自体の奪取、買手による値下げ要求、売手の値上げ要求によるコストアップにも十分に考慮する必要があります。



Q 2. 内部環境分析とは
A 自社の競争力の源泉を把握するために、ポーター教授は価値連鎖(バリューチェーン)を提唱した。
価値連鎖とは製品またはサービスが最終顧客に届くまでの付加価値の連鎖を指し、この各局面を個別に見ることで、どこが他社と比較して優位かあるいは劣っているかを把握します。
主活動のどの機能が強いか弱いかを把握して、今後の強化策を講じます。



Q 3. SWOT分析とは
A 外部環境分析による市場の見極めと内部環境分析による自社の強みと弱みを組み合わせて経営戦略を決定する手法をSWOT分析と言います。
これはハーバードビジネススクールで提唱されたもので、
 内部環境分析によって導かれた強み(STRENGTHS)と弱み(WEAKNESSES)
 外部環境分析によって導かれた機会(OPPORTUNITIES)と脅威(THREATS)
が重なり合う領域を事業機会や脅威として捉えるもので、それぞれの頭文字をとってSWOT分析です。
「機会」と「強み」が交わる部分をビジネスチャンスとして事業資源を投入し、また、「脅威」と「弱み」が重なる部分を最大の脅威として回避・克服を検討します。





坂田公認会計士事務所へお気軽にお問合わせ下さい。

業務Q&A

ページトップへ